三軒茶屋病院概要

昭和45年1月 三軒茶屋クリニック開設
昭和45年10月 血液透析療法を開始
昭和48年4月 三軒茶屋病院開設
昭和58年7月 救急指定医療機関
平成5年4月 日本透析医学会認定施設認定
平成5年4月 日本腎臓学会研修施設認定
平成14年7月 日本医療機能評価機構認定証授与
開設者 理事長 大坪 修(東京大学卒)
名誉院長 

大坪 公子 (東京女子医科大学卒)

管理者 病院長  大坪 由里子(東京女子医科大学卒)



 

看護部長 

大村 秀子 

開設許可年月 昭和45年1月1日

病院の機能

診療科目 内科・腎臓内科(人工透析)
指定医療 ・保険医療機関・救急告示病院
・労災・結核医療・生活保護・更生医療
・育成医療・通院医療・原爆医療
・労災二次健診・指定介護療養型医療施設
・指定短期入所療養介護
・指定居宅介護支援事業
・東京都神経難病医療協力病院
・日本透析医学会認定施設
・日本腎臓学会研修施設
実施事項 訪問診療・訪問看護・予防接種・健康診断・特定健康診査・特定保健指導・杉並区民健康診査・企業健診・健康相談・人間ドック

看護体制

病棟・病床数 一般病床=3病棟・135床
療養病床=3病棟・112床
(医療保険適用1病棟・36床
介護保険適用2病棟・76床)
合計=6病棟・247床
一般病床 看護師7割以上
入院基本料(15対1)
6対1看護補助加算
療養病床 医療保険適用=入院基本料1
(20対 1看護・正看2割以上・20対1看護補助)
医療区分2・3該当患者を8割以上受け入れる。
介護療養病棟 介護保険適用=施設サービス費(Ⅰ)
(6対1看護・ 正看2割以上・4対1介護職員)

基本診療関係の届出事項・施設基準

●一般病棟入院基本料(15対1)
●療養病棟入院基本料1
●救急医療管理加算

●夜間休日救急搬送医学管理料

●救急搬送患者地域連携受入加算
●看護補助加算(一般病棟)

●療養病棟療養環境加算2
●重症者等療養環境特別加算(A館811号室・2床)
●入院時食事療養⇒区分=食事療養Ⅰ
●入院診療計画作成

●患者サポート体制充実加算
●院内感染防止対策実施

●感染防止対策加算2
●医療安全対策加算2
●診療情報の提供実施
●地域加算
●超重症児(者)入院診療加算
●準重症児(者)入院診療加算

特掲診療関係の届出事項・施設基準

●指導管理等 薬剤管理指導
●運動器リハビリテーション(Ⅰ)

●脳血管疾患リハビリテーション(Ⅱ)
●医療機器安全管理料1
●単純CT撮影
●呼吸器リハビリテーション(Ⅱ)

在宅医療

●在宅医療の実施状況 在宅患者訪問診療料
在宅患者訪問看護指導料
訪問看護指示料
●在宅療養指導管理料 在宅自己注射指導管理料
在宅自己導尿指導管理料
在宅自己腹膜灌流指導管理料
在宅酸素療法指導管理料
在宅寝たきり患者処置指導管理料
在宅中心静脈栄養法指導管理料
●老人診療報酬の在宅医療 寝たきり老人訪問指導管理科

介護保険在宅サービス

●在宅サービスの実施状況 居宅療養管理指導・訪問看護

特定療養費

●時間外診療の特別料金 なし
●予約診療の特別料金 なし
●180日を超える入院に係る特別料金 入院基本料の15%
●特別療養環境室 1人部屋16室
(7,619円=7室、9,524円=3室、11,429円=4室、14,286円=2室) 2人部屋11室 ※税抜表示
(3,810円=2室、5,714円=6室、7,619円=2室、9,524円=1室) 3人部屋9室
(2,857円=9室) ※税抜表示